リウマチの基本情報|【病気に備えるために】リウマチなどの病気の基本を確認しましょう

リウマチの基本情報をおさえて~早期治療が大切~

リウマチの基本情報

ドクター

リウマチとはどんな病気?

関節や骨に異常が発生している際には、リウマチの可能性があるでしょう。リウマチを発症した際には、身体を動かす際に関節などに痛みが発生する事となります。どのようにしてこの痛みが発生するのかというと、関節が炎症を起こしているのです。そのためリウマチになると、関節が腫れてしまう事が特徴となります。特に身体の末端に症状が出やすいものとなっていますから、指先の関節に違和感がある際には、すみやかに世田谷の病院を受診するようにしてください。リウマチを放置している事で関節が破壊され、日常生活に大きな支障をきたしてしまう恐れがあります。

発症しやすい年齢とは?

リウマチは発症しやすい年齢というものがあります。そのため、その年齢に該当する方はリウマチの症状がみられないか注意する必要があると言えます。リウマチを発症しやすい年齢として挙げられるのが、30歳から40歳にかけての年齢となっています。特に女性がリウマチになってしまう確率が高いと言えるでしょう。リウマチは高齢者にも発症する可能性が高いものとなっていますよ。高齢者の場合には、男女ともに発症する確率は同等のものとなっているのです。このように、リウマチはリスクが高い年齢もありますが、どのような年齢でも発症してしまう可能性があるものです。したがって、リウマチの症状について確認しておく事が重要になってくると言えるでしょう。

リウマチはなぜ起こるのか?

リウマチでは具体的にどのようなトラブルが発生してしまっているのかと言うと、免疫機能に問題があると言えます。免疫機能に異常をきたしている為に、炎症が発生してしまうのです。免疫とはご存じの通り、体外から入ってきたウイルスなどから身体を守る役割となっています。免疫機能は身体にとって必要不可欠な存在となっていますが、まれに免疫機能の異常が発生すると、身体に悪影響を与えてしまう事があるのです。免疫機能に異常が発生してしまうと、正常な細胞を傷つけてしまう事もあります。リウマチでは関節に炎症が起こってしまいますが、これは免疫機能が関節を攻撃してしまう事によって発生してしまっているのです。免疫機能の異常を食い止める事が出来ないままリウマチの症状を放置してしまう事で、やがて免疫機能の攻撃が骨にまで及んでしまう事があるでしょう。そのような段階に到達してしまう前に、世田谷の病院で治療を開始する事が望ましいのです。